最初にするべき仕事を知ろう

ハート

結婚式で二次会の幹事を任されたら、最初に何から始めたらいいのでしょうか。準備における最初のステップとなるのが、新郎新婦や幹事同士で顔合わせをするという点です。新郎新婦のどちらかとしか知り合いではない場合もあるので、事前に打ち合わせが必要です。そして幹事は複数人で任される場合が多いので、一緒に仕事をする相手と顔合わせをしたうえで、どのような仕事分担にするのか話し合っていくようにしましょう。顔合わせが終わった後の二次会の準備で最初のステップになるのが、大まかなイメージをつかむという点です。二次会のテーマや目的は、新郎新婦ごとに考え方には違いが見られます。実際にどのような内容や参加人数を想定しているのかなどの点をリサーチして準備を進めていきましょう。

仕事内容を整理していくことが大切

女性

結婚式の二次会における幹事の仕事といっても、どのような内容になるのかという点には状況に応じて違いがあるという点を押さえておきましょう。例えば新郎新婦が二次会の会場にこだわりを持っていて、自分たちで決めたいと考えているケースも見られます。そのような場合には、会場選びは新郎新婦に任せてしまって、そのほかの部分の仕事を担当するようにするのも1つの手です。二次会のおける幹事の仕事は、会場を決めることだけではありません。参加者の確認や会費集め、プログラム決めや備品の買い出し、BGM選びに司会進行などさまざまな仕事があげられます。複数人で幹事を担当する場合には、それぞれで役割分担を決めていくことでスムーズに準備や当日の進行を進めることにつながります。最初にどのような仕事があるのか一覧でチェックしたうえで、問題なく対応できるように準備を進めていきましょう。

会場を選ぶ条件を整理しよう

男女

幹事が結婚式の二次会の会場を決める場合には、どのような点に注意して準備を進めていけばいいのでしょうか。準備を進めていくうえでのポイントの1つが、会場の条件や希望を整理していくという点です。二次会の日時だけではなく、ゲストの数、結婚式場との距離などの条件を整理していくことで、どのようか会場が適しているのか候補が絞りやすくなります。また料理やドリンク、必要な設備なども確認したうえで候補を絞っていくようにしましょう。結婚式が行われるシーズンによっては、二次会の会場も早めに押さえないと予約がすぐに埋まってしまうこともあります。1~2週間の仮予約が可能な場合も多いで、気になるところがあったら仮予約を実施して細かい条件を満たしているか確認していくのも1つの手です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中